ダーツライブ200sのオンライン対戦の詳細|独自対戦機能って何?

PR

現在、多くのダーツプレイヤーに圧倒的な人気を誇るダーツライブ200s

ダーツの実力を上げるために、自宅に設置しようと考えている人は実際にプレイ出来るモードが気になったりしますよね。

ダーツライブ200sにはお店でプレイするゲームからダーツライブ200sでしかプレイ出来ない「実力向上」に効果的なゲームまで非常に多くのモードが搭載されています。

そんなダーツライブ200sですが、オンライン対戦は出来るの?と気になっている方も多いハズ!

ですので、この記事ではダーツライブ200sのオンライン対戦と独自の対戦機能についてご紹介していこうと思います。


↓現在ダーツライブ200sは生産終了し、2021年からは新しくダーツライブホームへと生まれ変わりました。

ダーツライブホーム(300s)購入前に必読|評判から静音性能・設置方法まで

もちろんサイズ感もダーツライブ200sと同じで、それまで200sに対応していたスタンドもそのままダーツライブホームで使う事が出来ます。

ダーツライブホームというダーツボードと同じ名前のアプリをダウンロードして、ダーツライブ200までは出来なかったオンライン対戦にも対応。

(上記画像では対戦相手が見えるようカメラがONになっていますが、これは設定でカメラのON/OFFが可能です。実際大体の人はOFFでプレイしています。)

ダーツスタンドもダーツライブ200sで使用していたスタンドがそのまま使えるので、スタンドの設置方法・アプリの設定方法なども全て一緒です。

価格は

  • ダーツライブ200s¥27,280(税込)
  • ダーツライブHome¥24,200(税込)

以前に比べさらに安くなりました。

※注意※

↓同じダーツライブからはダーツライブゼロボード(\6000円~)というダーツボードもあるのですが

このダーツライブゼロボードはアプリとの連動、並びにオンライン対戦などは一切出来ません。シンプルに低価格で自宅で練習したい人向けとなっています。

自宅で本物のダーツライブ3のような感覚でプレイしたい オンライン対戦もしてレーティングも上げたい そういう方はダーツライブホーム一択となっています。

ダーツライブホームやダーツライブゼロの詳細はこちら

ダーツライブ200sのオンライン対戦

気になるダーツライブ200sのオンライン対戦モードですが、残念ながら現在ダーツライブ200sではオンラインでの対人対戦は実装されていません^^:

ですが皆さんは、どのような理由でダーツのオンライン対戦をするでしょうか?

基本的には「自分の実力をはかるため」にオンライン対戦をする人が多いと思います。(お店に行っても実力の合う対戦相手がいない時もありますもんね。)

実際、友達とプレイしたい場合は一緒にお店に行くかボードが設置してある家に集まるって事が多いですよね。

自宅に設置するダーツマシンで求められるオンライン対戦とは

  • 自分の実力をはかる
  • ダーツの上達の為

これらの理由でプレイするものですよね。

では何故オンライン対戦が出来ないダーツライブ200sが多くのダーツプレイヤーに選ばれ、自宅用練習ボードとして採用されているのか。

答えは簡単です。自分の実力をはかる・ダーツ上達に効果的な「独自の対戦機能」がある事で、オンライン対戦が出来なくても支持されるんですね。

なので、ここからはダーツライブ200sにオンライン対戦が無くても、多くのダーツプレイヤーに選ばれる理由。ダーツライブ200sの2つの機能について詳しくご紹介していくので是非ご覧くださいね^^

ダーツのレーティング管理

自宅でダーツを投げていても現在の自分の実力は気になるものですよね。

お店で投げるよりリラックスできる環境な訳ですから本当に実力に近い成績が見込めるんです。

ダーツライブ200sには自宅専用のカードを作る感覚でレーティングが細かく分かる機能があります^^

※レーティングとは ダーツの成績によって分けられている数字で、実力を表すものです。

実際のお店の様に、作ったカードを「入れて」プレイした成績が記録されます。

↓01

↓クリケット

  • これによって
  • 試合

に分けて自分の成績を管理する事が出来るんです^^

この機能が練習のモチベーションを保つのに大きな役割を果たしてくれるんですね!

そして、ダーツライブ200s専用のカードは最大で「8人分」作成・登録できるので

家族や友人の分のデータも管理する事ができるというのは嬉しい所ですね^^

↓カード作成画面・カードデザインやテーマ・アワードムービーなども設定可能!

強さが選べるロボットとの対戦

いざダーツを投げようと思ってお店に行っても

  • 「実力が近い対戦相手がいない」
  • 「そもそも客が少なくて対戦相手がいない」

そんな日もダーツをやっていれば当然ありますよね?

「今日はダーツの調子が良いから、誰かと対戦したい!」と思っても誰も対戦相手がいないのって寂しいものですよね^^:

ですが安心してください!ダーツライブ200sにはダーツライブ2に搭載されていない「1人で楽しめる(効果的に練習できる)」ゲームモードがあるんです!

↓ダーツライブ200sに搭載されているロボ対戦

ダーツライブ2になる前、初代ダーツライブに搭載されていたゲームでかなり人気があった物なんですよ^^

自由にロボットの強さが選べるので、練習にはもってこいです♪

ロボットの強さが選べると簡単に言いましたが、ダーツライブ200sのロボット達は実に人間的なプレイをしてきます。

どういう事かと言うと「機械的にレーティング通り」のプレイをして来るのでは無く実際に人と対戦している時の様なダーツをしてくるんです。

例えばBフライトのロボットと対戦したとしましょう。

基本的にはBフライト相当の腕前を持つロボットなのですが、普通に対人で対戦していると

  • Bフライトの人がAフライト相当の実力を出す
  • Bフライトの人がCフライト位の実力しか発揮してこなかった

って事が普通にありますよね?

ダーツライブ200sのロボット達も同じで「人間的」なプレイをしてくるので、ゲームの様にマンネリ化しづらく「一戦一戦をしっかり」戦う事が出来るんです!

これにより常に、高いモチベーションを持って対戦する事が出来ますよっ♪

画像の様にロボットとプレイ出来るゲームは01(ゼロワン)・クリケット・メドレーから選べるので、空いた時間に合わせて練習も可能ですね^^

  • 自分の実力に近いロボとガチ対戦しても良し
  • 強いロボにダーツの厳しさを教えてもらうのも良し
  • ストレスがたまったら弱いロボをボコボコに・・・

などなど色々と楽しめるゲームモードです^^

オンラインが無くても大丈夫!まとめ

今回はダーツライブ200sにオンライン対戦の機能が無くても人気な理由をご紹介しました!

実際、豊富なゲームモードで家庭用としてはかなり高いクオリティですよね。

今回ご紹介した

  • レーティング管理
  • ロボット対戦

以外にも沢山のモードが用意されています。

※対戦などでプレイされているポピュラーなゲーム、01(ゼロワン)・クリケットなどなど

自宅で効果的にダーツの練習が出来て、知人を自宅に招待した時なども「おしゃれ趣味」として活躍してくれる

ダーツライブ200sが多くのプレイヤーに選ばれているのは納得できますねっ♪

自宅でオンライン対戦が出来る!ダーツライブホームの詳細はこちら

 

記事監修者
名前:斎藤はじめ

ダーツ歴10年。最高レーティング(rt)16。最高カウントアップ1200点パーフェクト達成者。クリケットよりもひたすら1501をプレイし続けたい性格。
ダーツを初めて2ケ月足らずでAフライトに到達。「センス良いですね」と言われるが、当時は1日8時間練習をしていたからセンスとか関係ないです。

ダーツ上手くなりたいって人は沢山いるが、センスが無くても練習量だけで上手くなれます。必要なのは熱意。ダーツで上達したいならとにかく毎日投げ続けるのが最短で上達する秘訣です。

ダーツバーでの勤務経験は4年ほどあり、そこでプロとして勤務し、100人以上のダーツプレイヤーを輩出。所持しているバレルの数は500を超えるバレルマニアでもある。ダーツプロに沢山友人はいるが、自分は教える方が得意。